壁に見えているのものは本当に壁?

高くて分厚い壁も近づいてみると扉かもしれない

 

扉なら楽に開けることができる

変な力みもいらない

 

あとは扉の向こうへと踏み出す勇気があるかどうかがだけ

なんだかんだ言っても今の場所は住み慣れていて安全な領域

そこから出たいような出たくないような気持ちが葛藤する

 

経験したことのない世界に踏み出すのはちょっと怖い

怖がり屋さんのあなたがいるのなら

「怖いよ〜」って想いを認めて抱きしめてあげたらいい

 

最後はあなたの選択

扉の向こうの世界を

あなたに味あわせてあげられるかどうかは

あなたに委ねられている

 

新しい世界はあなたを待っている