困難が立ちはだかる。

高くて分厚い黒い壁のようだ。

そんな風に感じる壁も実は扉かもしれない?

 

扉なら楽に開けることができる。

変な力みもいらない。

 

あとは扉の向こうへと踏み出す勇気があるかどうかがだけだ。

 

なんだかんだ言っても今の状況に慣れていると、

見慣れない未知の世界へ行くのは怖くもあり葛藤もあるだろう。

 

怖がり屋さんのあなたが顔を出したなら、

怖がり屋さんなあなたを抱きしめてあげればいい。

 

そして決断するのだ。

 

扉の向こうの世界を味あわせてあげられるかどうかは

あなたに委ねられている。

 

新しい世界はあなたを待っている。