金æ˛ĸ市å‡ēčēĢ。

é›ĸ劚を抟ãĢ地元をé›ĸれ

大é˜Ē、厎崎、įĻå˛Ąã€æ˛–į¸„で暎らす。

 

įžåœ¨ã¯åœ°å…ƒãĢæˆģりæ´ģ動中。

č‡Ē分ãĢはäŊ•ãŒã§ãã‚‹ãŽã‹īŧŸ

äŊ•ã‚’したいぎかīŧŸ

æ¨Ąį´ĸしãĒがら様々ãĒ聡ãĢå°ąãã€‚

 

マッã‚ĩãƒŧジæĨ­į•ŒãĢå…Ĩり

肉äŊ“ã‚’ãģぐしãĻいくと

垐々ãĢåŋƒã‚‚ãģぐされãĻいくこと

 

åŋƒãŒãģぐれãĻいくと

肉äŊ“ぎ受けå…ĨれåēĻ合いが

éĢ˜ãžã‚‹ã“とを原感。

įžåœ¨ã¯

č…°ã‚’į—›ã‚

マッã‚ĩãƒŧジæĨ­ã¯ãŠäŧ‘ãŋ。

 

おぎようãĒæ–šæŗ•ã§

äēēぎåŋƒčēĢãĢ

明かりをį¯ã›ã‚‹ãŽã‹æŽĸæą‚ä¸­ã€‚

 

水ぎæĩã‚Œã‚‹éŸŗã‚’čžãã¨åŋƒãŒäŧ‘ぞるäŊ“čŗĒ。

åĨŊį‰Šã¯æĄƒã€‚  

ã‚¯ãƒãƒŠã‚ˇãŽčŠąãŽéĻ™ã‚ŠãŒåĨŊき。 

č‹Ļ手ãĒこと多数。䞋えばč‡Ēåˇąį´šäģ‹ãĒお。

 

 

č‡Ēåˇąį´šäģ‹ãŒč‹Ļ手ãĒがらも

ã‚ĸã‚Ļトプットも大切だと思い

ブログ「地įƒæģžåœ¨ãƒĒã‚ĸãƒĢごãŖこ遊ãŗ」

ただいぞ配äŋĄä¸­īŧ

 

 

これぞで

様々ãĒ゚ピãƒĒチãƒĨã‚ĸãƒĢぎčĻ‹č§ŖãĢ

č§ĻれãĻきぞした。

 

時ãĢčŋˇčĩ°ã—たæ—Ĩ々も。

 

そんãĒ中で

 

寄りæˇģい

åŠąãžã—

気ãĨきをäŋƒã—ãĻくれる

 

ã‚ĒナクãƒĢã‚Ģãƒŧドぎ

į´”į˛‹ãĒエネãƒĢã‚ŽãƒŧãĢå‡ēäŧšã„

ã‚ĒナクãƒĢã‚ĢãƒŧドやるじゃんīŧãŖãĻ思うæ—Ĩ々です。

 

あãĒたぎäēēį”Ÿã¯

あãĒãŸã¨åŽ‡åŽ™ãŽå…ąåŒå‰ĩ造。

 

あãĒたは

あãĒたぎäēēį”ŸãĢおける

ä¸ģäēēå…Ŧであり

å‰ĩ造ä¸ģ。

 

å‰ĩ造ä¸ģとしãĻ

いãŖたいおんãĒ世į•Œã‚’

あãĒたãĢ

プãƒŦã‚ŧãƒŗトしたいぎだろうīŧŸ

 

äŊ“験しäŊ“感し

気ãĨき

čģŒé“äŋŽæ­Ŗをįš°ã‚Ščŋ”しãĒがら

å‰ĩり上げãĻいく

 

唯一į„ĄäēŒãŽã‚ãĒたぎ世į•Œã€‚

あãĒたは

旅をįĩŒé¨“しãĻいる旅äēēであり

æ—…ãŽč¨ˆį”ģč€…ã€‚

 

そしãĻ

旅するあãĒたをčĻ‹åŽˆã‚‹

æ„č­˜ã§ã‚‚ã‚ã‚‹ã€‚

 

旅ぎ途中

道ãĢčŋˇãŖた時

 

ã‚ĒナクãƒĢã‚Ģãƒŧドが

 

あãĒたが

æœŦåŊ“ãĢ嚸せãĢãĒるためぎ

ã‚Ŧイドと

ãĒãŖãĻくれることでしょう。

 

ごį¸ãŽã‚る斚とは

いずれ

å‡ēäŧšãˆã‚‹ã“とをæĨŊしãŋãĢしãĻいぞす。