待つ

今は

少し時間を取ることが

大切だと

時に理解すると

 

あえて

 

静かな時間を

作ってくれる人がいる。

 

その時

 

沈黙は

重たいものではなく

柔らかいものになる。

 

相手の

ペースを理解し

 

動的に

動けるまで

 

ゆるやかに優しく

待っていられるのだ。

 

ゆっくりでいいからっ。と

声を掛け

 

本人も

ゆったりとした

感覚の中で過ごす。

 

自分だけが

ゆったりした感覚の中にいれば

それでOK

という人ではない。

 

とてもおおらかで

枠組みのない

和な感覚の持ち主。

 

 

元気でいるかな?