返品(講座受講レポ)

心が安らぐような人や

心がけの

あたたかい人に

出会う機会が増えてきた

 

っこり時間を

共有できて

ハートが喜んでいる

 

そんな折に出現した

講師の彼女。

 

真正面で

彼女が放つ不快なモノの数々。

 

受け取る必要のないものは

受け取らなくてもいい。

 

彼女が放った

不遜なエネルギーの全てを

彼女にお返しした。

 

自分の内から

湧き上がってきたものと

彼女が放ったモノ。

 

そこは

きちんと線を引く。

 

彼女に返すものは

そのままの形で

彼女にお返しをして

 

自分がケアする

必要性を感じるものは

自分自身で慈しむ。

 

きっちり

線を引くことで

あれもこれもを

背負い込まなくてもいいことがわかる。

 

それを把握するだけで

少し気持ちが軽くなる。

 

しばらくの間

自身のケアを慈しむ。

 

ここをクリアーする。