映画のように

自分の見ている現実を

さながら

映画館で

鑑賞するかのように観る。

 

体を張って

いつも

いつも

経験してくれる自分。

 

そして

それを見守る

意識の自分。

 

今回の

地球での

上映が終了するまで

 

しっかり

自分を

見届ける。

 

これは

真に観たい映画じゃない!

 

そう

思ったときは

映像を映している

フィルムを

変えればいい。

 

フィルムは

あなたの内側にある。

 

その

フィルムは

固定化された価値観だったり

思い込みだったりする。

 

そして

真に

自分が観たい

現実を

この世界に映し出す。

 

あなたの現実は

あなたが創っている証なのだ。