相違

価値観の

はあるもの。

 

誰にも

選び取る自由

造する自由がある。

 

中には

立場を利用して

価値観を

押し付けてくる人もいるだろう。

 

さも

 

当たり前で

普通で

常識であるかのように、

 

そして

 

それが

一の正解であるかのように。

 

しかし

 

その枠組みは

その人が決めていること。

 

その人が

普通であり

当たり前と思っているだけの話。

 

その人が思う

普通という枠組みに他ならない。

 

調和的な

視点で見た時に

実とやらが見えてくるだろう。