マイルール(3)

マイルールを

自らに課し

 

他者にも

マイルールを厳守させるには

 

大なエネルギー

が必要になります。

 

 

守れなかった時は

 

不甲斐ない

自分を責め立て

 

 

守らなかった

相手には

 

抗議しようと

するかもしれない。

 

 

さらに

 

 

マイルールを盾に

攻撃すると

 

相手もまた

相手のマイルールを

応戦してくるでしょう。

 

 

果たして

 

 

マイルールは

何のために

必要なのでしょうか?

 

 

マイルールで

規制をかけないと

 

この世が

おかしくなりそうですか?

 

 

そこは

心配しなくとも

 

その人が

放ったものは

本人の元へ

返るようになっています。

 

 

因果応報

 

 

宇宙という元が

しっかりと

取り仕切ってくれているので

 

そこは

宇宙の当。

 

お任せしましょう。

 

 

あなたは

間の

きらめく感覚で

今に生きればいいのです。

 

 

マイルールを

どれだけ手放せるか?

 

 

どれだけ

そのりから自由になれるか?

 

 

そんなことが

問われているのかもしれません。