綱引き

自分の思い通りに

相手を

コントロールしたいが為に

 

相手に

リラックスさせないよう

緊張状態を

強いる人がいる。

 

そんな人に

お目にかかったことは

ないだろうか?

 

 

コントロールしてやる!

VS

コントロールされてなるものか!

 

両者が

綱を引き合っている状態だ。

 

反対側で

手綱を握る人

どう見ても敵にしか見えない。

 

ところが

本当の敵とは

内在する自己である。

 

綱の向こう側で

去勢を張るのは

内に隠した

自分の姿かもしれない。

 

自分自身に

戦いを挑んでいたと

理解できれば

終息は間近。

 

気付いたからには一抜けだ。

 

抜けてしまえば

へっちゃらのへい。

 

自らが先に

その手綱を手放せばOK!!

 

たとえ

コントロールしてくる人が

また現れても

 

惑わされず

影響を受けず

手綱を握ることなく

 

在りたいあなたで

いられるだろう。