ふたり

ひとりでも

いいけれど

 

ふたりだったら

もっと楽しい

 

ひとりには慣れているし

いつだって

ひとりになれるから

 

今はふたりを楽しもう