コントロール

そばにいて

 

自分の

思い通りにしたい。

優位に立ちたい。

そんな気持ちを

感じた。

 

そして彼女は

その気持ちを

得たいがために

他者をコントロールし始める。

 

そんなにも

優位に立ちたいのは何故?

 

弱さゆえ?

恐れゆえ?

 

自分も相手も

等しく

尊重されし

価値ある存在であると

認めてはじめて

対等な

人間関係が成立する。

 

そして

コントロールを

手放したところに

存在するのが

無条件の愛だ。

 

コントロール

しないではいられないのは

きっと

彼女の心の傷が

疼いているから。

 

そして

そんな人を見た時に

どう感じるかで

自分の傷も

浮かび上がってくる。

 

コントロールで

成り立つ

関係性からもう抜け出そう。