タイミング

皆それぞれのいい頃合いがある

ベストタイミングというヤツだ

 

ところが自分が望むベストタイミングと

相手の望むベストタイミングが噛み合わない時がある

 

急にじゃんけん大会が始まり

私は最後の一人となった

 

主催者からプレゼントがあると言う

どれを選ぼうか品物を見渡したら間髪入れずに急かされた

 

早く選べとばかりに急かしてきた男

直線的に強く押し出す手とは裏腹に

その指はカクカクガクガク震えていた

 

緊張からなのか?

自分のペースを乱された動揺からなのか?

 

結局、私は選んだ品物を家に持ち帰らなかった

それを欲しがっていた人に

「良かったら受け取って欲しい」と言って差し出した

少年は数秒考えたのち、手を伸ばし受け取ってくれた

(少年のことはずっと視界に入っていて何か気にかかる存在だった)

 

自分がその品物をゲットできたからこそ

それを必要としている人に渡すことができたのだと思った

 

橋渡し

それがじゃんけん大会での私の役目だったようだ

 

手から手へ

優しく渡され優しく渡したい

 

準備ができていない人を焦らせず

互いのタイミングの良きときをはかり合えたらと思う