肉体は期限付き創造物

「地球でしかできない体験をやりたくて地球に来た。

地球でしか味わえない感覚感情を味わいに地球に来た。

そのために肉体を貸りた。

この肉体があってはじめて人間の体を成すことができる。

たくさんの経験を可能にしてくれる。

宇宙の傑作。素晴らしき創造物だ。」

 

眠る前にふと感じた。

17歳を迎えた頃だった。

 

…………………

 

それにしても人間の体はとてもすばらしい。

よくこんなにも精巧に緻密に創られたものだと惚れ惚れする。

ただ排泄行為や排泄方法には抵抗があり、

もっとどうにかならなかったのか!!と散々嘆いてきたが

それをひっくるめても上々の出来栄えだ。

 

それでもガタがくる。

ケアも必要になる。

思うように動かなくなることもある。

 

時に内面の不調和が肉体に投影され、

肉体を通して私たちにメッセージをくれる。

 

肉体がある今、

何をしたい?

何をする?

 

自己責任で思うままに選択すればいい。

何をしていると心が踊る?

 

この肉体とこの魂の組み合わせは唯一無二。

あなたは唯一無二の存在としてかけがえがない。

誰が何と言おうとかけがえのない命。

誇りに思っていい。

 

自分をどう活かすかは自分自身にかかっている。

 

肉体は今日も健気だ。

地球を存分に味わえるようこしらえられた借りものであり贈りもの。

 

呼吸ひとつとっても実はとても美しい。

 

湯船に浸かって隅々まで撫でてあげたい。

ありがとう。おかげさま。