水音

奥へ奥へと分け入る

水音が心地いい

 

海へたどり着くまで

ただただ一心に流れる

その様に惹かれる

 

川のほとりに腰を掛け

水音に体をあずける

 

体内の水分と

水音が

共鳴したように

じんわり心に流れ込み

 

固まっていたのものが

流れはじめた

 

脳みそに

しがみついていた固定観念

 

胸に残った

チリチリする痛み

 

今、流れていけるモノが

今、流れていく

 

そして

体の内側に

余白が生まれる

 

水の流れは

脱力することを

教えてくれる