水音

奥へ奥へと分け入る

水音が心地いい

海へたどり着くまで

ただただ一心に流れるその様に惹かれる

 

川のほとりに腰掛け水音に体をあずける

スーッと体に流れ込み

じんわりと心に沁み入る

 

体内の水分と水音が共鳴したようだ

 

固まっていたのものが流れはじめる

それらが流れてゆけるようスペースをあける

 

脳みそにしがみついていた固定観念

胸に残ったチリチリする痛み

今、流れていけるものが

今、流れていく

 

まだそこにとどまっていたいのものもあるだろう

タイミングもあるから焦らなくてもOK

 

水音に体をあずけると

脱力することを教えてくれる

 

流れていってもOK

流れていって無になるわけではない

その経験はあなたの魂を磨いてくれた

 

固まっていたものが流れると

そこには余白が生まれる

 

自由に身動きできる空間があなたの中に広がる

そしてあなたの外にも広がる

どこまでも