感情

情は

コントロールしなければならない。

 

 

あまりにも

明け透けすぎると

周りの人に惑をかける。

 

 

乱暴に感情を

吐き出すことは

様で滑稽。

 

 

自分の感情で

他人を不快にさせるのは

熟者。

 

 

幼少期より

そう思っていた。

 

 

そんなこんなで

感情を押し殺すのがだった。

 

 

嬉しい!

楽しい!を

表現することすら

 

 

気恥ずかしくもあり

抗を感じた。

 

 

怒るなんて

泣き叫ぶなんてての外。

 

 

その結果

 

 

何を考えているのか

よくわからない子という

イメージが付いて回った。

 

 

わにしなかった感情。

 

無き事にされ続けてきた感情。

 

 

これまでは

感情をコントロールして

振る舞う静さを求め続けてきたが

 

 

数年前から

感情の捉え方が少しわった。

 

 

感情は

み嫌うものではない。

 

 

感じている気持ちを

押し込めずに

 

 

その感情を

自分自身が

めてあげればいい!

ということに行き着いた。

 

 

その感情は

ずっとからあったもの。

 

 

長年に渡り

閉じ込められていた感情が

 

 

外部からの刺激により

湧き上がり

の目を見たのだ。

 

 

あとは

その感情を追いやらず

 

 

そのまま認めて

わってあげればいい。

 

 

目の前に出された

極上の一皿。

 

 

バイキング形式が

採用されれば

 

 

いな感情には

手を出さないだろう。

 

 

好き嫌いを

しないようにと

開発された

地球独自のステム。

 

 

完食すれば

 

 

その感情は満たされて

にこやかに焉(光に還る)を迎える。

 

 

ならば

美味しくいただきましょう。

 

 

いも甘いも何のその。何のその。