仮面

もはや自分が

どういう間なのか

わからなくなる。

 

 

何枚も

何十枚も

面を付けているのだから。

 

 

自分をるための仮面。

 

自分をるための仮面。

 

 

あれっ

本当の自分って

どこに行ったんだ?

 

 

ありのままの自分でいて

否された経験。

うまく機能しなかった経験。

 

 

それらが

恐れを生み

仮面を付けたのだろう。

 

 

りの自分を

散々じてきたのだから

もうじゅうぶん。

 

 

痛みを癒して

 

 

その仮面を

す作業を始めていこう。

 

 

仮面を外す度に

 

 

呼吸することの

しさを

感じることだろう。

 

 

もうそろそろ

この辺で

体を明かそうか!!