鏡越し

何万回と見てきた

越しの自分。

 

 

それはまだ面的な自分。

 

 

もっと

深いところにいる自分は

 

まだ

この瞳にっていない。

 

 

今日は

何もせず

手を止めて

鏡に映る自分と峙する。

 

 

鏡に映る

その瞳を

ただ直ぐに見つめる。

 

 

ただただ見つめる

5分

10分……15分。

 

 

この瞳は

これまで

何をてきたのだろう?

 

 

たくさんの

見たくないものが

あったのかもしれない。

 

 

この瞳は

何をえているだろう?

 

 

たくさんの

想いを

抱えたままでいるのかもしれない。

 

 

この瞳は

どんな感情を

し込めているのだろう?

 

 

が出ないようにと

踏ん張ったことが

あったかもしれない。

 

 

瞳の奥から

何かが

込み上げてくる。

 

 

あふれてくる。

 

 

あふれるままに

あふれさせ

これまでのねぎらう。

 

 

ありがとう。

 

ごくろうさまです。

 

 

 

そして

 

 

 

またこの瞳で

この世界を

見ていく意をする。

 

 

この瞳に

映したい世界を造しながら。