鏡越し

鏡越しの自分。

何万回と見てきたことだろう。

 

ところが見ているようで見えていない自分自身の本当の顔。

自分自身の奥にある表情。

 

何もせず手を止めて鏡に映る自分とたまには対峙してみる。

鏡に映る瞳を真直ぐに見つめる。

ただただ見つめる。

5分、10分、15分。

 

この瞳はこれまで何を見てきたのだろう?

たくさんの見たくないものがあったかもしれない。

 

この瞳は何を訴えているだろう?

たくさんの想いを抱えたままでいるのかもしれない。

 

この瞳はどんな感情を押し込めているのだろう?

涙が出ないように踏ん張ったことがあったのかもしれない。

 

瞳をそらさないで少しのあいだ自分と向き合ってみると、

抑えていた何かが溢れ出す。

溢れるに任せて溢れさせてあげよう。

 

これまでの労をねぎらい。

自分自身に感謝と愛を込めて。

 

そしてまたこの瞳でこの世界を見ていく決意をする。

この瞳に映したい世界を創造しながら。