流動的

生きることは流動的だ。

本来、固定化されたモノは何もない。

 

気分は波打つ。

意識は上下する。

望みは変わる。

時間は流れる。

 

言っていることが身勝手にコロコロ変わる人。

イラッとしたものだ。

一貫性のない人に迷惑をかけられたくない。

という思いもあった。

 

一貫性がないことはダメなのか?

一貫性があることを善とし対局にあるものを悪としてしまう。

それはちょっとアンバランスかもしれない。

 

両者のバランスを取るには、

どちらも認めて自由に身動きが取れる状態でいつもいることだろう。

 

「これはOK!あれはダメ!」から

「これもOK!あれもOK!」とすると、すごく楽になる。

楽になるのは自分。そして周りの人もである。

両者共に息が吸いやすい。

行き来する幅が広がる。

 

自由自在に行き来する自分も他者も許してあげよう。

「自分もOK!相手もOK!」

 

そうやって流れ行く世界を眺めていると、

いつだって世界は遊んでる。

涼しい顔をして。