人は愛を渇望し愛に飢え愛に泣く生き物

「愛が足りないよ〜 愛して!もっと愛して!!」と

泣いたり拗ねたり地団駄を踏んだり悪態をついてしまう

 

赤ちゃんの頃は何をやっても可愛いがられ何をやっても許してもらえても

その内このままの自分では愛されないと思うことがひとつふたつと増えていく

 

何かをしたご褒美としてもらえる愛(もどき)

相手の望む言動を取ることでもらえる愛(もどき)

愛を貰うには条件をクリアーしなければいけないという認識が芽生える

そして愛を獲得するために奔走する日々は始まる

………………

他者に愛を求め続けているのなら

まずはあなたがあなた自身を無条件で愛することが先決だ

 

愛はあなたの中にある というよりも

あなたは愛そのものであり

愛で創られている

愛の源泉はいつでも絶えず湧いていて

活用するほどに無限に広がり続ける

出し惜しみする必要はない

 

あなたは愛そのものだったことを思い出せばいい

あなたがここにいるのなら愛もここにある

 

あなたさえいれば

あなたを愛することは今できる

あなたは愛される人に今なれる💗