未知の世界

知の世界を

覗き見る。

 

 

扉の向こうに

広がる世界。

 

 

慣れ親しんだ環境

それはそれでれ難い。

 

 

心もとなさも

相まって

 

 

踏み出しきれず

二の足を踏む。

 

 

扉の向こうの

世界を

味あわせて

あげるかどうかは

 

本人に

ねられている。

 

 

新しい世界は

あなたをっている。

 

 

あなたも

新しい世界を

験したがっている。

 

 

思相愛。

 

 

さあどうする!?