NO

NOとは

誰かを否定するためでも

何かを否定するためでもない。

 

自分と相手に

素直に誠実であるたに

率直に伝える言葉。

 

そこに

否定的な意味合いは

含まれていない。

 

否定すべきものは何もない!という

前提に立ってこそ

遠慮なく

NOと伝えられるのだ。

 

あなたのハートが

NOと発しているのなら

その気持ちを

潔く認めましょう。

 

そして伝えよう。

 

偽りのない

あなたの想いを

伝える価値が

あなたにはあります。

 

愛情を込めて

伝えるNOがある。