令和

昭和生まれの私は

昭和の時代に付く

価値観に触れた。

 

 

地域に学校に

社会に

家庭に

息づく価値観に

 

 

苦しさを感じることも

多々あった。

 

 

継承するのか?

見直すのか?

ぶっすのか?

 

 

古きものに

敬意を表しながらも

 

 

それらの価値観を

一層する時期に

来ているのだろう。

 

 

今の私に

合わない価値観を

いつまでも

えておく必要はない。

 

 

柔軟に

自由に

変化させていけばいい。

 

 

破壊して造する。

 

 

それは

次のテップへの

破壊であり創造。

 

 

創造のために

時に

感謝をめて

破壊することが必要となる。