放つ

この世はなんて不公平なんだと感じることが多々あったが

自分が放ったモノは自分の元へ還ってくる

このことにおいては平等にできていると思い、外に放つモノには配慮してきた

 

ところが放ったモノとは外に向けて表現したことだけではなく

自分の中にうごめく想いが多分に含まれていたのだ

 

外へ向ける表立った言動に配慮していた分、内側には暗黒が渦巻いていた

「押さえ込んで外に出さなければセーフ!」ではなかったのだ

 

ただ、感じたことは事実として存在するのでそこは偽れない

自分が感じた想いを後世に引きずることなく

自分自身でその感覚をその都度汲み取っていくしかない

 

嫌な感覚に反応しファイティングポーズを取るのではなく

その感覚を認めることで

その感覚と交流することができるようになる

 

今、自分に向かって放たれて来たモノはいつかの自分が放ったもの

ただそれだけのこと

そこに執着せずに「おかえり!還って来たんだね!」と迎え入れてあげる

ちょっとヘビーな(かなりヘビーな)時もあるけれど

我が子が自分の元へ帰還したと捉えて抱きしめよう