奉仕と犠牲

色々な人がいる。

 

 

個々の都合。

様々な価値観。

 

 

受け入れられるもの。

受け入れ難いもの。

受け流したいもの。

 

 

その時々で

自分がどうしたいのか?

 

 

どう在りたいのか?

 

 

自分自身に問いかける。

 

 

自分の

やりたいこと

在りたい姿でないのなら

ってOK!!

 

 

何としてでも

 

 

自分が

受け入れて

あげなければと

負い込まなくてもいい。

 

 

誰かを

犠牲にせず

 

 

あなたも

犠牲にならない

在り方を!!

 

 

牲と仕は

似て非なるもの。

 

 

あなたは

あなたの気持ちを

あなた自身を

大切にする任がある。

 

 

 

いつもいつもどんなときも。