笑顔

屈託のない笑顔、たまんないね。

その笑顔がたくさんの人を幸せにする。

 

ニコッをもらった人がニコッを誰かに繋げば広がる幸せ。

その笑顔のはじまりが誰であってもいい。

あなたからならそれはそれはすばらしい。

 

笑顔が相手に伝えることは

「わたしはあなたのことを友好的に受け入れています」

「あなたの敵ではありません」ということ。

相手の存在を否定しない

絶対的な安心感と肯定感で包む。

 

互いが肯定しあい共に存在するなら

共存を楽しめる世界を創れる。

共存を楽しめる世界にわたしたちは生きている。

 

………………

 

だからといって笑顔でいられない時は

ムリをして笑顔でいる必要はない。

愛想笑いはしばらく封印してもいい。

 

それでもムリをして口角を上げることもあるだろう。

ちょっと塩分が混じっているような

なんともいえない切ない笑顔、酸っぱい笑顔。

 

そんな笑顔の奥の心意気が尊くもある。