ゲーム

生きていること自体がまるでゲームだ。

 

ゲーム性を高めるために配置された様々なトラップ。

トラップで待機する協力者、

協力者とは思えない憎き奴ら。

 

ぐにょんぐにょんに揺れ

発動するアドレナリン。

生きてるって感じがこれでもかとやってくる

たまらない臨場感。

 

ワクワクだけではつまらない?

一体何を学び気づきを得たいのだろう?

 

初級編が完了。

次に組み立てるのはもっとハードで複雑な設定。

攻略し難いストリー。

一生恨みたくなるような敵。

敵がまさかまさかの。

愛に気づかせてくれるお助けマン!?

 

あなたの人生は

喜劇?

復讐劇?

ロマンス?

???

 

まさか自分がこんな人生を呼び込んだなんて

「なんてクレイジーなんだ!!」と絶句するかもしれない。

 

終わり良ければ何とやら

ゲームの上がり、

あなたはどんな表情でどんな心持ちでそこに立っていたいだろう。

 

遠慮はいらない。

最後まで幸せを取って置く必要はない。

今、幸せを感じていい。

今、幸せになっていい。

 

あなたの人生は自分が愛そのものであったことに気づき愛に還る

それはそれは大仕掛けの壮大な愛のストーリー。

 

道すがら出会うよそ様の顔をした様々な自分。

色とりどりの感情に揺さぶられ、

千差万別な価値観に惑わされ、

癒されていないものが次々と浮上する。

「ケアしてよ!!」と幾度も心のドアを叩く。

 

時に痛みが伴うこともある。

痛みなんてもんじゃないこともある。

「どうしてこんなことが私の身に!」と叫びたくなることもあるだろう。

でも大丈夫、

これも愛に還るためのアクションのひとつ。

 

あなた自身が愛そのものなのだ。

それは紛れもない真実。

愛であるあなたは本来何も恐れるものはない。

 

愛から遠ざかっているから怖くもあり不安にもなる。

全ては愛に還る道すがらのアレやコレ。

 

どんな時もおしみなくおしみなくあなた自身を愛したらいい。

どんなあなただっていい。

そこからやっと始まる、

あなたから存分に愛されたあなたが主人公の人生ゲーム。

 

あなたを愛したくて愛したくて仕方のないあなたが

いつもあなたの真ん中にいる。