悲しんぼ

湧いてくる感情

グゥッと押し込めた

 

悲しんぼは気を利かせて大人しくした

後からうんと可愛がってもらおう!!

 

ところがいつまでたっても放っておかれた

 

忘れたの?

無かったことにしたいの?

悲しみは嫌いなの?

そんなのあんまりだ

 

悲しみがさらに悲しみを生み、

友達の悲しんぼ君が生まれた

チャンス到来!!

友達の悲しんぼ君と合体して一緒に抱きしめてもらおう

 

あ〜なんてことだ

またしても悲しんぼはスルーされてしまった

 

とうとう拗ねはじめた

悲しんぼの気持ちを真っ先に抱きしめて欲しい人に届かない

 

動けなくなった

塞ぎ込んでしまった

諦めてしまった

 

悲しいって泣いていることに気づいて欲しい

悲しいって気持ちを認めて欲しい

何も困らせたいわけじゃない

ウキウキちゃんやるんるんちゃんやプンプンちゃんみたいに

感じて欲しいだけなのさ

 

どうやら自分のこととなると悲しんぼをグゥッと押さえ込む癖があるようだ

なるほどそういうことか

何も悲しんぼが嫌いなわけではなさそうだ

 

自分のことで悲しむわけにはいかないのだ

 

理由があって悲しみを遠ざけたのだ

悲しんぼは悲しみを隠す理由を知り、悲しくもなり愛しくもなった

 

その愛しさが届いたのだろうか?

彼女の目から涙が流れた

彼女の頑なな心が少し開いた瞬間だった

涙が頬を伝い

悲しんぼは彼女に包まれて溶けていった