文字は人を現す

私は

祖父の書く文字が好きだった。

 

清らかな

の流れのように綴られた

品のある文字を

 

れ惚れしながら

眺めたものだ。

 

手書きの文字には

 

その人の

となりが

色濃く表現される。

 

はね・はらいが

妙に大袈裟な文字。

 

申し訳なさそうに背をめた文字。

 

トゲトゲした文字。

 

生きる姿勢と

文字の姿勢は

何だか通っている。

 

 

そういえば

思い出したことがある。

 

あまり文字を

書き慣れていない?人から

もらった置き手紙。

 

心を込めて

時間をかけて

書き上げたであろうエネルギーが

 

文字と行間から

ふれていた。

 

人に差し出す

言葉と同じように

 

文字にも

やさしさはえられる。

 

言葉も文字も愛も

雑にも

丁寧にも

渡すことができるからこそ

 

そこに

 

あなたを

現することができる。

 

まるで裸だ。