信号待ち

信号待ちを

していたら

隣の人と目が合った。

 

 

ご婦人の目は

やさしく

わたしにほほえみかける。

 

 

しばしのお天気義。

 

 

信号が

青に変わると

 

 

ご婦人は

行きましょっ!と機嫌よく

 

 

わたしを促し

颯爽と歩を進めた。

 

 

いわゆる

お天気の話は

交差点でやり取りするに

うってつけの話題。

 

 

こんな形で

ほんのちょっと

関わりを持った人がいた。

 

 

自宅に戻る

ひとり帰り道。

 

…………………

 

数年前にも

似たようなことがあった。

 

 

信号待ちをしていたら

暑いねぇ〜と

声をかけられた。

 

 

あまりの

日差しの強さに

わたしは顔を歪めていた。

 

 

眩しくて

怖い顔になってしまいます!と言う私に

 

 

あなたは

かわいい顔してるわよっ!と

 

 

ご婦人

軽快に笑って

その場を去って行った。

 

 

ふわぁ〜そうきますか。

おそれいります。

 

 

そういうご婦人こそ

とてもチャーミングな人だった。

 

 

ひとときの

やわらかい世界をもたらしてれる。