信号待ち

信号待ちをしていたら隣の人と目が合った。

その目はにこやかだった。

「暑いね〜。」と声をかけられ、

「日差しが強いですね。」とわたしは応えた。

 

「ここ数日は朝晩も少し涼しくなってきたね。」

「そうですね ちょっと涼しくなりましたね。」

 

信号が青に変わると「行きましょっ!」と

おばさまは機嫌よくわたしを促した。

 

いわゆる当たり障りのない天気の話。

交差点でちょっとやり取りするにはうってつけの話題。

 

こんな形でちょっと関わりを持った人がいた。

自宅に戻るひとり帰り道。

 

…………………

 

数年前にも似たようなことがあった。

 

信号待ちをしていたら「暑いねぇ〜。」と声をかけられた。

わたしはあまりの日差しの強さに顔を歪めていた。

「眩し過ぎて怖い顔になってしまいます。」と言うわたしに、

「あなたはかわいい顔してるわよっ!

と言っておばさまは軽快に笑ってその場を去って行った。

 

ふわぁ〜そうきますか、おそれいります。

そういうおばさまこそとてもチャーミングな人だった。

 

ひとときのご縁はやわらかい世界をもたらしてくれた。