映像化

明け方に夢を見た。

 

 

過去の

人間関係に

おけるくすぶりが

 

 

顕著に

映像化されたものだった。

 

 

夢から目を覚まし

その出来事を

思い返してみる。

 

 

居心地の悪さ。

ためらい。

寂しさ。

不憫さ。

息苦しさ。

 

 

きっと

重たい感覚が

残ったままだったのだろう。

 

 

しばらく

内側に意識を向けてみる。

 

 

当事者の私を

まるで

俯瞰するかのように

もうひとつの視点で

 

 

ただただ

ありのままを

ありのままに見つめる。

 

 

見届けた後

鏡を見たら

 

 

皮が1枚

剥がれたような

 

少しスッキリした顔の

私がいた。

 

 

ラウマは

蓋をされるのではなく

 

 

包み込んでくれるのを

待っている。

 

 

ッセージは

夢の中でもっている。